2017.4
標準業務体系最構築プロジェクトが開始しました
大手グループ企業で構築された標準業務体系がうまく運用されていないという問題が生じたため、その標準業務体系の再構築と標準業務様式等の見直し改定プロジェクトが始動しました。今回は、1年間のプロジェクトです。しっかりと運用できる標準業務体系再構築と管理体制整備、標準様式の再構築を進めていきます。
 
2017.4
経営高度化・販路開拓コンサルティング
高い印刷技術を持つ企業の経営高度化に向けたコンサルティング支援と新たな販路開拓に向けたコンサルティングを進めています。今月も月度損益分析進め、財務面の課題点を洗い出し、その改善向けた取り組みを進めるとともに、今月から高い印刷技術力を武器にした新たな販路開拓に向けた活動を展開しています。
 
2017.4
管理者研修を開始
管理者を対象に4回計画で管理者研修を開始しました。今月はその第1回目を実施。管理者に求められる役割や機能、スキルなどを解説し、人事考課スキルアップも併せて進めていきます。
 
2017.4
新たな年度として階層別教育を開始
昨年度から建築関係の企業で階層別研修を実施しています。計画的かつ段階的に社員のブラッシュアップを進めることで組織活性化につなげています。今年度も階層別研修とメンター活動支援を進めていきます。
 
2017.3 食料品スーパー3店舗の売上高予測を実施
食料品スーパーを店舗展開する企業に3物件の候補物件が出てきたため、その3物件の売上予測を進めました。いくつかは売上規模が見込める物件であると判定し、今後、出店が具体化すれば、設定した売上高の検証も進めていきます。
 
2017.3 新規商業施設開発のマーケティング活動による構想提案
関西の駅前に商業施設開発が計画されることから、その商業施設の開発の方向性提案のためのマーケティング活動を実施しました。今回も、成功する施設開発に向けた方向性をまとめて提案しました。
 
2017.3 経営支援事業が完了
大阪南部の駅前の複数の商店街に立地する各事業所の経営高度化に向けた経営支援事業が完了しました。各事業所個別の経営向上支援と地域全体の取り組みなどに関する提言を含めた経営支援を進めています。今年度で3年目の継続事業になります。
 
2017.3 社内資格制度構築プロジェクトの2年目が完了
衛生管理のアドバイスとコンサルティングができるプロフェッショナル人材育成を目的とした社内資格制度構築プロジェクトを進めています。今年度はその2年目の年でスキル体系を構築し、その検証のための試験制度の構築を進めました。次年度は集大成の年で運営体制を整備していきます。
 
2017.3 売場からの提案力強化研修を実施
再開発型商業施設専門店店長をはじめ従業員を対象に売場からの提案力強化研修を実施しました。今回はケーススタディ形式で、優良事例を観ていただき良い点を確認するとともに自分たちのお店でできることを検討していきました。顧客吸引力が高まることを期待します。
 
2017.3
初年度の階層別研修活動が終了
建築関係の企業で管理職から一般社員に亘る階層別の教育活動が完了しました。次年度も、引き続き、しっかりと計画的かつ段階的に確実に組織力が高まるよう階層別研修を進めます。この企業では新入社員定着化のためのメンター制度の運営コンサルティングも進めています。メンター制度も、引き続き、次年度も支援活動を続けます。
 
2017.2
クレーム対応力向上研修を実施
ショッピングセンターテナント店長、従業員を対象にクレーム対応力向上研修を実施しました。クレーム発生時の対応について解説を進めるとともに、クレームをあらかじめ予防するための対策についてもしっかりと解説を進め、まずはクレーム発生を減らし、万が一、発生した際の対応力の向上も図りました。
 
2017.2
サービス覆面調査フィードバック研修を実施
レジャー施設でサービス覆面調査を実施し、その結果のフィードバックと、さらなるサービス力向上に向けた研修を進めました。この施設では、これまで4年間、サービス力向上に向けた研修活動を進めてきましたが、今年度はその効果検証と、さらなるサービス力向上に向けた活動を実施しました。これまでの研修活動の効果はしっかりと出ており、今回の研修で、さらなる飛躍をしていただけます。
 
2017.2
ミステリーショッパー(店舗覆面調査)を実施
ショッピングセンターの約70店舗を対象にミステリーショッパーを実施し、個別のフィードバックを進めました。この施設では3年に1回の頻度で実施しており、毎回、効果測定もかねて進めています。全体的な傾向、そして、個別の結果をしっかりフィードバックするとともに、さらに提案力を高める売場づくりやお客様満足度を高めるためのサービス向上に向けた指導を進めました。
 
2017.2
チームビルディング講演会を実施
前月の第1回目に引き続き、若手リーダー育成を目的にチームビルディング講演会を実施しました。今回も、若手リーダー育成であることからワンピースを題材として解説を進め、自分たちの行動に具体的なイメージを膨らませていただけるよう進めました。
 
2017.1
商業施設と駅前商業地全体の方向性提案のマーケティング活動
大阪南部の鉄道駅前の2つの商業施設の現状把握とそれぞれの今後の方向性を提案することともに、その商業地全体の今後の方向性提案のためのマーケティング活動を実施しました。今回は、両施設の来街者へのアンケート調査と流動量調査の結果からまとめました。今後の、両施設運営と駅前商業地全体の活動の指針として活用いただきます。
 
2017.1
インバウンド研修
ショッピングセンターテナント店長・従業員を対象にインバウンド研修を実施しました。この施設では、毎年、春節の前に実施しています。今回は、外国人のお客さまと、さらにしっかりと接客ができるよう接客用語に重点を置いた内容で進めました。さらに外国人のお客さま対応力を向上して売上高向上につなげています。
 
2017.1
ショッピングセンターの経年マーケティング活動A
鉄道駅前ショッピングセンターで、3年に1回の頻度で実施されているマーケティング活動を実施しました。この施設は一昨年度、新たな核店舗を誘致したことからその成果検証も併せて進めました。新たな核店舗のプラスの影響があって集客力が高まっている結果となりました。その高まった集客力を維持するための施策提案を進めました。
  
2017.1
ショッピングセンターの経年マーケティング活動@
鉄道駅前ショッピングセンターで、3年に1回の頻度で実施されているマーケティング活動を実施しました。前回と比較をすると、全体的に厳しい結果となりました。現況の厳しい商環境の影響もあります。今後のさらなる集客力強化施策提案を進めました。
  
2017.1
ショッピングセンターの販促活動効果測定の流動量調査
ショッピングセンターで展開する販促活動の効果測定のために、毎年、1月に集客力維持ができているかを検証するための流動量調査を実施しています。今年度も1月に実施。過去4年間で最も集客が図れていたという結果になりました。業界を取り巻く厳しい環境下では大きな成果が保てています。
 
2017.1
ショッピングセンターでミステリーショッパー(店舗覆面調査)を実施
当該施設では2年に1回の頻度でミステリーショッパーを実施しています。定点的に現状把握をすることで、各テナント店舗に自店の強みと弱みを再確認いただき、さらにサービス力や提案力を高める施策などについて個別にフィードバックを進めています。今回は、やや厳しい結果となり、しっかりとブラッシュアップが進められるよう支援しました。
 
2017.1
顧問先企業がISO認定取得
業務効率化・標準化を進める建築関係の顧問先が、昨年からISO認定に向けての取り組みを進める中で間接的な支援を続けてきました。年明けの1月に無事に認定取得できました。今後は、新たな事業分野へのチャレンジにおいても支援を進めます。
 
2017.1
チームビルディング講演会を実施
若手チームリーダーを対象にチーム力を高めるためのチームビルディング講演会を実施しました。今回は、若手リーダーが対象であることからワンピースを題材として解説を進めました。ワンピースの事例でイメージを膨らませていただき、自分たちが具体的に行動していけること、行動すべきことなどについての気づきやヒントを提供しました。
 
2016.12
ショッピングセンターの経年流動量調査実施
ショッピングセンターで進められるプロモーション活動の効果測定のために、毎年、12月に集客力維持ができているかを検証するための流動量調査を実施しており、今年度も12月に実施。前回ベースを維持できており、商業界を取り巻く厳しい環境下では一定の成果を保てているといえます。年明けにはテナント教育支援も進めます。
 
2016.12
食料品スーパー新規物件の売上予測
食料品スーパーを店舗展開する企業で、新たな出店候補物件が出たことから、その物件で着たいできる売上高予測を進めました。今回は、出店するかは結果を踏まえて検討が進められます。出店が決まれば算出結果の検証活動も進めます。
 
2016.12
ショッピングセンターの大型競合施設影響度検証のマーケティング活動
ショッピングセンターの近隣に超大型競合施設が開業し、その営業度を検証と実態把握ためのマーケティング活動を実施。今回は、商圏エリアを対象にWebリサーチと来館者調査を実施し、影響度を定量的かつ定性的な両側面から検証を進め、差別化施策を提案しました。
 
2016.11
ショッピングセンターの大型競合施設影響度検証のマーケティング活動
ショッピングセンターの近隣に超大型競合施設が開業し、その影響度検証と差別化施策提案のためのマーケティング活動を実施しました。影響度を定量的かつ定性的に確認して、競合施設との差別化施策と、今後の地域密着化施策を提案しました。今後はテナント教育の支援を進めます。
 
2016.10
食料品スーパー立地判定マーケティングを実施
商業施設のリニューアルに向けて、大型区画に食料品スーパーが入店した際に事業成立が可能か判定するためのマーケティング活動を実施しました。結果は可と判定し、既存競合店舗とのポジショニング分析を通じて具体的な入店イメージの提案を進めました。
 
2016.10
ショッピングセンターの現状実態把握と今後の方向性提案マーケティングを実施
2013年にリニューアルしたショッピングセンターの現状実態把握と今後の方向性提案のためのマーケティング活動を実施しました。実勢商圏エリア、来館顧客層、利用実態、評価、要望等の確認を進め、現状の「強み」と「弱み・課題点」を洗い出し、競合施設とのポジショニング分析を通じて、さらに魅力を高めることと競合施設差別化のための今後の方向性を提案しました。
 
2016.10
ショッピングセンターの現状施実態把握と今後の施策提案マーケティングを実施
ショッピングセンターの現状実態把握と今後の施策提案を目的にマーケティング活動を実施しました。この施設では、3年前に実施していることから、その後の変化実態もつかみ、強み(強化ポイント)と弱み(課題点・弱化ポイント)を抽出し、今後の施策提案を進めました。次年度はリニューアルの構想構築プロジェクトに参画する予定です。
 
2016.9
ISO認定取得のコンサルティングを開始
業務効率化と標準化を進める建築関係の企業で、品質、環境、労働安全衛生のISO認定取得のためのコンサルティング支援に着手しました。ISOの認定取得は専門のコンサルタントに入ってもらい側面的な支援活動を進めていきます。
 
2016.9
食料品スーパー新規店舗売上予測を実施
8月に引き続き、食料品スーパーを店舗展開する企業の新たな候補物件として都心部立地の商業施設の候補物件での販売可能売上高のシミュレーションを通じて売上高予測を進めました。出店が決まれば検証活動も進めます。
 
2016.8
食料品スーパー新規店舗売上予測を実施
食料品スーパーを店舗展開する企業の新たな候補物件として百貨店物件が出てきたことから、そこへ出店した際の販売可能売上高のシミュレーションを通じて売上高予測を進めました。出店が決まれば検証活動も進めます。
 
2016.8
営業改革セミナーを実施
銀行系シンクタンクが主催する営業改革セミナーを実施しました。今回は、激しい環境変化に対応していくために営業に必要なスキル体系を示し、これまでの営業活動にプラスアルファの活動として付加すべき具体的な事例情報も踏まえて解説を進めました。最後には、具体的な営業改革目標を設定いただき、今後、成果につながる営業活動を推進いただきます。
 
2016.8
ミステリーショッパー(店舗覆面調査)と個別指導を実施
再開発型商業施設専門店全体を対象にミステリーショッパー(店舗覆面調査)を実施し、その結果のフィードバックと改善対策指導を進めました。今回は、リニューアル前の実施で、リニューアル効果を高められるよう個別指導を進めました。今後、リニューアル効果の検証も進めます。
 
2016.7
レジャー施設のサービス覆面調査を実施
ゴルデンウィークの来園者のピーク時にレジャー施設のサービス覆面調査に入りました。その結果を責任者の方々にフィードバックし、今後のサービス力向上に向けた施策提案を進めました。これまでは従業員教育を進めてきましたが、今回は、このサービス覆面調査の結果を踏まえ、部署ごとの指導を進めていきます。
 
2016.7
ショッピングセンター専門店個別臨店指導
ショッピングセンターに立地するテナント専門店の個別臨店指導を進めました。今年の1月に1回目の訪問を終え、今回が2回目になります。そのため、前回の指導結果
の検証と、さらなる販売力強化のための指導を進めました。引き続き、フォローを進めていきます。
 
2016.7
ショッピングセンターリニューアルの方向性提案
関西のショッピングセンターのリニューアルの方向性提案に向けたマーケティング活動を進めました。今回は、当該物件が立地するマーケット環境から機会と脅威をつかみ、来館されたお客さまの実態をつかむことで強みと弱みを明確にし、リニューアルの方向性を提案しました。リニューアル期は、先になりますが、リニューアルされた際には検証も進めます。
 
2016.7
食料品スーパー新規候補物件の売上シミュレーションを実施
食料品スーパーを店舗展開する企業が、新たに出店候補となる物件が数物件発生したことから、その売上高予測を進めました。今回も、出店が決まれば、今回、算出した売上高の検証を進めます。
 
2016.7
ショッピングセンター活性化に向けたマーケティング活動を実施
ショッピングセンターのPM(プロパティマネジメント)をされる企業の3つの施設でマーケティング活動を実施しました。この3施設は、経年実施を進め、現状実態をつかみ、競合施設との差別化戦略と集客強化施策提案を進めています。今年度は、3つの施設の仕様を統一し、比較を通じて各施設の独自性を明確にしたうえで、今後の施策提案を進めました。
 
2016.6
店長研修を実施
ショッピングセンターテナント店長、サブリーダーを対象に部下育成スキルアップ研修を実施しました。部下育成の悩み事に対する個別アドバイスなども踏まえて、部下育成のポイントを解説し、今後の目標設定をまとめいただきました。今後の店舗力の向上に期待します。
 
2016.6
商業施設来館者実態把握の来館者調査を実施
再開発型の商業施設で来館者実態をつかむための来館者調査を実施しました。この施設では、今後、リニュアールが予定されていて、その構想およびプラン構築のための現状把握のために入店客のカウンター機が設置され、今回の来館者調査での性別、年代構成を指標化して、常に来館者実態の把握ができるよう基礎データとして活用いただきます。
 
2016.6
クレーム対応力強化研修を実施
ショッピングセンターテナント従業員を対象にクレーム対応力向上研修を実施しました。クレームの防止策、発生した際の対応などを解説し、今後の各テナント個別の対策についてはワークショップでまとめていただきました。今後のクレーム対応のブラッシュアップに期待します。
 
2016.6
商業施設専門店従業員研修を実施
今年度、リニューアルが予定されている商業施設専門店従業員を対象にサービス力向上研修を実施しました。今年度は、リニューアルオープを迎えるにあたりサービス品質の向上を図るためにミステリーショッパーも実施します。その体制を整備するためのカリキュラムで実施しました。今後は、引き続き、ミステリーショッパーの実施を通じて、個別のサービス力向上を支援します。
 
2016.5
食料品スーパー新規出店候補物件の売上高予測
食料品スーパーを店舗展開する候補物件の売上予測を進めました。候補物件のマーケット環境と当該物件情報から販売可能売上高を提案しました。出店が決まればその検証も進めます。
 
2016.4
売上不振店舗のマーケットポテンシャル検証のマーケティングを実施
食料品スーパーの不振店舗数店舗の立地するマーケットのポテンシャルを検証するためのマーケティング活動を実施しました。現状の売上高に対して、本来、どの程度の売上高が見込まれるマーケットなのかを検証し、今後の店舗運営の判断基準を提供しました。競合環境が厳しくなってくる中、しっかりとマーケット実態をつかむことが重要になっています。
 
2016.4
大型競合施設影響度検証のマーケティング活動を実施
私たちが支援する関西のショッピングセンターの近隣に超大型競合施設が開業したことから、その影響度検証のためのマーケティング活動を実施しました。その影響度は定量的かつ定性的な要素の両側面から検証を進めました。そして、それに対する対策提案も進めました。今後、改めてその成果検証などの活動も進めていきます。
 
2016.3
社内資格制度構築第1フェーズが完了
衛生管理に係るプロフェッショナル社員育成と、それに向けたモチベーションアップを進めるために独自の社内資格制度構築を進めています。2015年度は、その第1フェーズとしてスキル体系構築を進めました。第2フェーズは、試験運営体制の構築と厚生労働大臣の社内検定認定を受けることを目標に進めていきます。
 
2016.3
2つのショッピングセンターのリニューアル構想を提案
京都の2つのショッピングセンターのリニューアルの方向性を踏まえた構想を提案しました。今回は、Webリサーチなどののマーケティングデータを活用して構想をまとめました。
今後、リニューアル実施後には成果検証も進めていきます。
 
2016.3
小売事業所等を中心とした経営診断・経営支援を実施
大阪南部の都市で事業展開する事業所を対象に経営支援事業を進めました。各事業所を数回訪問し、現状についてのヒアリングを進め、さらに経営向上を図っるための指導を進めました。その内容を成功事例や今後の具体的な施策事例として報告書をまとめ、市内の各事業所に向けた報告会を実施し、共有を図るとともに他の事業所の経営支援にも寄与するよう進めました。
 
2016.3
ショッピングセンターでサービス覆面調査とサービス力向上研修を実施
ショッピングセンターで上期と下期の2回、全テナントを対象に店舗覆面調査を行い、その結果からサービス力向上研修を実施しました。今回は、下期の覆面調査とその結果からのサービス力向上研修を進めました。この施設では、計画的かつ段階的に確実なブラッシュアップを進めています。
 
2016.3
事例研究型研修(ケーススタディ)を実施
ショッピングセンター専門店従業員を対象にサービス力向上を目的とした事例研究型研修(ケーススタディ)を実施しました。このショッピングセンターでは計画的かつ段階的に進めることで確実なブラッシュアップを図っています。
 
2016.3
食料品スーパー候補物件売上高予測シミュレーションを実施
食料品スーパーの出店候補物件があり、そこ物件へ出店した際に獲得可能と考えられる売上高予測シミュレーションを実施しました。既存店舗データとマーケット環境の両側面から販売可能売上高を設定。今後、出店が決定すれば検証を進めていきます。
 
2016.2
サービス力向上事例研究型研修(ケーススタディ)を実施
レジャー施設を運営する企業スタッフ向けにサービス力向上に向けた研修として事例研究型研修(ケーススタディ)を実施しました。この施設では、計画的にサービス力向上を進めていることから、これまでの研修活動を振り返り、具体的な事例を基に自分たちでできるサービス力向上についてワークショップで検討を進め、具体的な自分たちならではのサービス施策を全員でまとめました。
 
2016.2
ショッピングセンターリニューアル構想構築提案
ショッピングセンターのリニユーアルに向けたマーケティング活動を通じてリニューアル構想を提案しました。市場性をつかみ、競合施設との明確な差別化施策をはじめ、商圏戦略、ターゲット戦略、MD&施設面の方向性について提案を進めました。
 
2016.1
店舗巡回指導
ショッピングセンターのテナント専門店を対象にした店舗個別巡回指導を実施しました。売上高の向上を図るためにMD面、店舗づくりの面、営業・プロモーションの面、接客・サービスの面などをはじめマーケティング活動の側面から活性化に向けたアドバイス・指導を進めました。今後は、その効果検証とさらなるブラッシュアップのための支援活動を続けていきます。
 
2016.1
販促活動成果検証マーケティング活動
ショッピングセンターで実施される販促活動の効果測定のためのマーケティング活動を実施。この施設では、毎年、継続的に実施しています。今回も定量的な側面と定性的な側面から効果測定を進めました。
 
2016.1
クレーム対応力向上研修
お客さまからのクレーム対応を進めるうえでの心構えをはじめ、クレーム発生の予防対策、やむを得ず発生した際の対応などの解説を進めました。今回は、過去に発生したクレームなどについて事前アンケートで確認し、その対策についても個別にアドバイスなども進めました。
 
2016.1
実践 インバウンド研修を実施
ショッピングセンターのテナント店舗を対象に外国人観光客対応力向上のためのインバウンド研修を実施。今年度2回目の実施で、より実践的な内容で進めました。特に接客の際のワードなども自然と活用できるよう進めました。
 
2015.12
ショッピングセンターリニューアル効果測定マーケティング
大型リニューアルしたショッピングセンターのリニューアル効果測定のためのマーケティング活動を実施。4年前のデータ比較を通じて効果を定量的に検証するとともに、そのリニューアル効果を維持・拡大していくための施策提案も併せて進めました。
 
2015.12
年間販促活動効果測定の流動量調査
ショッピングセンターが展開する年間販促活動の効果測定を進めるための流動量調査を実施。この施設では、過去3年間、継続的に実施して、定点チェックを進めています。今後も引き続き、支援活動を継続します。
 
2015.11
ショッピングセンターリニューアル構想提案
ショッピングセンターがリニューアルを検討される中、マーケティング活動を通じて、商圏エリア戦略、ターゲット戦略、MD戦略、ハード・施設面戦略などをまとめたリニューアルの方向性などを提案しました。引き続き、リニューアルに向けたマーケティング&コンサルティンク支援を進めます。
 
2015.11
再開発型商業施設の基本構想構築提案
中部地方の行政都市で計画されている再開発事業の中で予定されている商業施設の構想構築を担当しました。今回は、市場性から想定できる商業施設規模の提案と、仮説商圏エリアを設定し業種構成、導入テナントなど具体的提案などまで含めたあるべき姿像をまとめ提案を進めました。
 
2015.11
ショッピングセンター専門店個別の利用実態・評価実態把握のマーケティング支援
ショッピングセンターで各専門店個別の認知実態、利用実態、評価を確認し、各店舗の強みと弱みを把握したうえで、さらに客数増を図り、売上高アップにつなげる活動ができるようマーケティングリサーチ(市場調査)を実施。施設全体の傾向を理事会で報告して、各専門店個別のフィードバックシートを確認いただき、全店の販売力アップにつなげています。
 
2015.11
接客接遇研修
ショッピングセンター専門店の新人販売員を対象に接客接遇研修を実施しました。今回は、新人販売員を対象とするため接客サービスの心構えから具体的なテクニックなどを解説。そして、発声やお辞儀の実践トレーニングも進め即戦力化を図りました。後半はグループワークを通じて自分たちの目標設定をして目標達成のための行動につながるよう進めました。
 
2015.11
おもてなし力向上接客スキルアップ研修
ショッピングセンター専門店店長をはじめ、販売員を対象にお客さまへのおもてなし力向上を図るための研修を実施しました。お客さまへの第一印象の高め方、そのための笑顔トレーニング、表情のつくり方など実践をまじえて進めました。店長には、各店舗に持って帰っていただき販売員指導もしていただける内容で進めました。
 
2015.11
複数の商店街が連携した街全体の大型イベントの効果測定調査
大阪南部に立地する駅前の複数の商店街が連携して街全体が一体的になって進める年1回実施される大型イベントが実施され、その効果測定のための流動量調査を実施。来街者数は昨年を上回り、地域に根付いたイベントとして育成ができていることが検証できました。
 
2015.10 店舗覆面調査(ミステリーショッパー)と全体の傾向指導
ショッピングセンターの店舗覆面調査(ミステリーショッパー)を実施し、その全体的な傾向を踏まえ全体指導を進めました。今年度は、上期と下期に実施して、計画的かつ段階的に各専門店のブラッシュアップを支援しています。
 
2015.10 VMD研修
ショッピングセンター専門店を対象にVMD研修を実施しました。特に店通行者の方の目を引き、興味をもってもらえる店頭のつくり方、そして、店内へ誘導するための売場づくりのテクニックなどを解説。具体的な事例なども紹介しながら、より実践で活かしていただける内容で進めました。
 
2015.10
POP研修
ショッピングセンター専門店を対象にPOP研修を実施しました。POPの役割・機能をはじめ、作成のためのポイントなどを解説し、後半は、実際にPOP作成のトレーニングを進めました。今後はしっかりと提案力と販売力向上につなげていただきます。
 
2015.10
20周年記念販促を成功に導く 販売力ブラッシュアップ研修
ショッピングセンター専門店店長をはじめ、従業員を対象に開業20周年の節目を迎えるにあたって大規模な販促活動を成功に導くための販売力向上研修を実施しました。共同販促事業と各専門店個別の販促活動、そして、その計画立案、実施、検証の流れを解説し、全体の集客力と販売力の向上と併せて各専門店個別の販売力の向上を図るためのノウハウを提供しました。
 
2015.9
顧客満足度(CS)向上研修
ゴルフ場を経営する企業で、各部署の精鋭メンバーに集まっていただき、顧客満足度(CS)向上プロジェクトを進めています。今回はその2回目の研修で、さらに顧客満足度を高めるためのポイントについて解説を進め、今後、自分たちで取り組むべき施策の検討を進めました。次回は、事例研究なども含めて進めて、いよいよその具体的な目標設定と計画をまとめていきます。
 
2015.8
社内資格制度構築プロジェクト
サービス業種を展開する企業で、その企業独自の社内資格制度構築のプロジェクトが決まりました。今回は、その資格制度を、さらに厚生労働大臣認定の社内検定認定も受ける予定で進めます。
  
2015.7
食料品スーパー新規店舗売上予測簡易マーケティング
関西を中心に高質な食料品スーパーを店舗展開する企業が、新たな候補物件の簡易売上予測を進めました。今回は、既存店データ分析も進めることでデータの信ぴょう性も高めました。
 
2015.7
3施設のショッピングセンターのマーケティングリサーチ(市場調査)
関西で複数のショッピングセンターのPM事業をされる企業の3つの施設で現状把握と、今後の活性化施策構築のためのマーケティング活動を実施。ふたつの施設では初めての取り組みで現状把握とそこから今後の集客強化施策の提案、そして、ひとつは前回からの変動確認等も含め、今後、集客力を高めるための方向性や施策提案を進めました。
 
2015.7
ショッピングセンターリニューアル効果検証マーケティング
滋賀県のショッピングセンターがリニューアルを迎え、そのリニューアル効果測定とその効果を維持・拡大を図る施策構築のためのマーケティング活動を実施。今回は、しっかりとリニューアル効果を定量的かつ定性的にとらえ、その効果を維持するための施策提案も進めていきました。
 
2015.6 食料品スーパー新規店舗売上予測簡易マーケティング
関西を中心に高質な食料品スーパーを店舗展開する企業の、新たな候補物件の簡易売上高予測のマーケティングを実施。出店にあたっての判断基準として活用していただいています。
 
2015.6 顧客満足度(CS)向上研修
研修には各部署から精鋭メンバーに参加いただき、昨年、実施したサービス覆面調査の結果から、課題点を洗い出し、具体的なサービス向上活動につなげていく活動を進めています。今回は、その第1回目で、まずはお客さまの不満発生予防について検討を進めました。今後、各部署ごとに水平展開していただき、次回は、顧客満足度をさらに高めるための施策の検討とまとめを進めます。
 
2015.6
インバウンド研修
ショッピングセンター専門店従業員を対象にインバウンド研修を実施。外国人と日本人の文化の違いなどについてしっかりと理解を深め、その上でおもてなしの対応についての検討を進めました。さらに、この施設独自のツールもあることから、それを有効に活用する方法もアドバイスするなど、さらにおもとなし力を高めました。
 
2015.6
専門店新人向け接客研修
ショッピングセンター専門店従業員の新人向け接客研修を実施。参加者には、ベテランスタッフもみられ、新人育成・新人教育の方法としても活用いただけるよう進めました。参加者の皆さんも意識の高い方々ばかりで、今後の活性化に期待できます。
 
2015.5
食料品スーパー新規店舗売上予測のマーケティング活動
関西を中心に高質な食料品スーパーを店舗展開される企業の、新たな出店候補先で見込まれる獲得売上高の予測のためのマーケティング活動を実施。今後、出店後に検証するとともにマーケティング活動の精度向上も進めます。
 
2015.5
新製品開発のコンサルティング指導
皮革製品の製造卸をされている事業所が、今後は製品の開発販売まで活動を広げることで、さらに事業所の成長を図りたいという相談を受け、コンサルティング指導を実施。アドバイス内容を基に、しっかりと製造販売活動につなげていただきます。
 
2015.4
出店可否判定・販売可能売上予測のマーケティング
食料品スーパーの出店候補地の出店可否判定と売上予測のためのマーケティングを実施しました。今回は、マーケット基本分析、居住者アンケート、主要競合店調査、現地フィールド調査の結果から判定と販売可能売上高を算出。今後、出店が実現すれば今回のアウトプットの検証を進めます。
 
2015.4
商業施設3物件でマーケティング活動実施が決定
関西の電鉄グループ企業がPM(プロパティ・マネジメント)事業を進める兵庫県の3つの物件で、今年度も現状把握と今後の方向性構築のためのマーケティング活動の実施が決定。実施は、5月の末から6月。今回もしっかりと今後の方向性をはじめ集客強化、地域密着力強化などの施策提案を進めます。
 
2015.3
小売店舗の経営診断・指導コンサルティング
小売店舗を展開する企業の店舗がリニューアルをしたものの売上が伸びず、経営不振になっている相談を受け経営診断と指導を進めました。現状の経営数値面と店舗観察チェックなどから問題・課題点を洗い出し、MD面、売場づくりの面、サービスの面、営業・プロモーションの面での活性化計画を構築。早速、その対応を進め、リニューアル第2弾を実施。ひとまず、当初の活性化目標の一部を達成。まだまだ取り組むべき課題があることから、今後の対応についても指導を進めました。
 
2015.3
ミステリーショッパー(店舗覆面調査)を実施
約70店舗のショッピングセンターのミステリーショッパー(店舗覆面調査)を実施しました。この施設では、今回が3回目で、過去2回との比較も進め、効果測定を進めるとともに、さらにサービスレベルと提案力を高めるためのフィードバックを進めました。この施設は、今年度、新たな競合施設が近隣に開業したため、引き続き、支援を進めます。
 
2015.3
製品開発マーケティングを実施
精密機械の開発をされる企業で、現在、開発途中の製品について、見込まれる市場に対して、今後、さらに市場導入に向けた活動に進むべきかを判定するためのマーケティングを進めました。今回は、マーケットの候補のひとつとして検討されている業界に向けたヒアリングを進め、現状での市場導入可能性の判定と、今後、市場導入に向けた付加機能等の提案、そして、市場導入に向けての進め方などについても提案を進めました。
 
2015.3
事例研究型研修ケーススタディを実施
商業施設専門店のサービス力向上を図るため、お客さまの感動事例を参考に自分たちでできることを検討し、グループディスカッションを通じて、他者の視点なども参考に対応策のバリエーションを広げていくという活動を進めました。今回も、参加いただいた方々からたくさんの対応策を出していただき、今後のサービス力向上につなげて頂きます。
 
2015.3
経営支援事業を実施
大阪南部の商店街の連合を対象に市役所の支援事業を活用した経営支援を実施しました。今回は、商店街全体の支援ではなく、商店街内の事業所・店舗を個別に訪問し、見城把握と今後の活性化に向けた指導を進めました。特に、今回は、2つの地域の大型催事も含めたとのり組みで、今後の活性化施策について個別に指導を進め、ある一定の成果も出すことがてきました。
 
2015.3
企業理念再構築コンサルティングを実施
現状の経営理念を見つめ直し、全社員の思いを出し合い、新たな企業理念を構築しました。今回は、トップダウン型ではなく、全社員の思いを出し合い、それを形にしていくことで新たな企業理念の構築を進めました。全社員の思いがこもった企業理念となったことから社員全員が会社経営と運営に参画しているという気運が醸成され職場の活性化にもつながっています。
 
2015.2
リニューアルオープンに向けたパワーアップ研修を実施
奈良県のショッピングセンターのリニューアルオープンに向けて全テナントを対象にパワーアップ研修を実施しました。全館のリニューアルだけでは全テナントの売上を上げることはできないため、テナント個別にしっかりとMD・売場づくり、サービスを進めることを解説して、目標設定をして締めくくりました。皆さんのモチベーションもしっかりと高めていただきました。これでリニューアルオープンは成功です!
 
2015.2
ケーススタディを実施
大阪南部のショッピングセンターテナント店長をはじめ販売スタッフ向けにおもてなし力向上のためのケーススタディを進めました。この施設では、計画的に進めることで確実なスキルアップを支援しています。今年度の最終回の実施になりました。今回も、皆さんからさまざまなアイデアが出されしっかりと共有しました。引き続き、次年度も支援を進めます。
 
2015.2
専門店臨店指導を実施
ショッピングセンターの核店舗をはじめ、専門店の個別臨店指導をを進めました。今年度の2回目です。上期に訪問した際にアドバイスしたことをしっかりと対応していただいている専門店も多く、成果を出されているテナントもみられました。その臨店の際に、この施設の強みが把握できたことから、次年度はその強みを、さらにブラッシュアップを進める支援も進めます。
 
2015.2
サービス力向上研修を実施
大阪南部のレジャー施設のスタッフを対象に、小さなお子さまから高齢のお客さまに心配りができて、優しいサービスが提供ができるようサービス力向上のための研修を進めました。この施設では中期目標を設定して、毎年、確実にブラッシュアップできるよう計画的に教育活動を進めています。今年度で3年目になります。今回の研修でも、皆さんの反応は良くなってきています。引き続き、支援を続けます。
 
2015.1
売場づくりスキルアップ研修を実施
京都の再開発型ショッピングセンターで提案力&販売力を高めるための売場づくりスキルアップ研修を実施しました。今回は、この施設では、売場づくりをテーマとした研修は初めてで、基本的な売場づくりのテクニックから提案力を高めるためのテクニックを中心に解説と事例紹介を進めました。参加いただいた皆さんには、具体的な目標を設定いただき、具体的な売場展開につなげていただけるよう進めました。
 
2015.1
現状実態把握と今後の方向性構築のためのマーケティング活動を実施
関西のショッピングセンターで、現状把握と今後の方向性構築のためのマーケティング活動を実施。この施設では、3年に1度の頻度で実施しています。今回も、この施設の現状を客観的に定量的側面と定性的側面から把握し、過去との変動実態をつかむとともに、今後の方向性提案を進めました。
 
2015.1
販促活動成果検証リサーチを実施
ショッピングセンターで実施されている販促活動の効果測定のためのマーケティングリサーチを実施。この施設では、毎年、バーゲン期の効果測定と年末に年間活動の効果測定のために継続的に実施しています。今年度も、成果を定量的かつ定性的に検証を進め、次年度以降の販促活動の精度アップのための提案を進めました。
 
2014年のトピック記事はこちら
2013年のトピック記事はこちら
2012年のトピックス記事はこちら
2011年のトピックス記事はこちら
2010年のトピックス記事はこちら
2009年のトピックス記事はこちら
2008年のトピックス記事はこちら
2007年のトピックス記事はこちら
2006年のトピックス記事はこちら
2005年以前のトピックス記事はこちら
経営コンサルティングの総合ご案内ページはこちら