株式会社NMR流通総研は、ショッピングセンターコンサルティング・商業施設活性化・テナントリーシング支援を行う商業コンサルティング会社です

ショッピングセンターコンサルティング・商業施設活性化・商業コンサルティング・
テナントリーシング支援
を展開する商業コンサルティング企業 鰍mMR流通総研です。

会社案内 沿革 代表挨拶 お問い合わせ  プライバシーポリシー
私たちは、ショッピングセンター・商業施設開発からリニュールの支援、そして、運営面では、
マーケティング活動支援、専門店の経営診断・指導、各種教育活動を通じて、開発から
運営支援まで幅広くコンサルティング活動を展開しています。


ショッピングセンター・商業コンサルティングコンテンツ

■SC開発・リニューアルコンサルティング

ショッピングセンター・商業施設の新規開発およびリニューアル際の基本計画構築から実施計画構築、そして、テナントの配置移動調整、既存テナントのリニューアル前指導などショッピングセンター・商業施設開発およびリニューアルを成功に導くためのコンサルティングを提供します。

■マーケティング支援コンサルティング

ショッピングセンター・商業施設の新規開発・リニューアルのマーケット分析、商圏エリア設定・売上シミュレーション、コンセプト構築、MD政策、競合差別化施策構築、既存施設の実態把握から今後の方向性構築、集客強化・営業強化施策構築などマーケティング活動によるSC強化活動を展開しています。

■専門店活性化コンサルティング

専門店の販売力アップを中心に店長育成など、全専門店の教育・研修支援として接客スキルアップ研修、VMDスキルアップ研修、POP研修、管理者教育など各種研修テーマを豊富に取り揃えいます。また、実践トレーニングは、接客ロープレトレーニング・コンテストなど実践訓練によるスキルアップを支援しています。また、SC内認定資格制度の企画・構築・運営支援などにより専門店活性化支援を展開しています。

■専門店個別支援コンサルティング

専門店の経営診断、ミステリーショッパーなどによって現状把握を行い、問題点や課題点の抽出を行うとともに、各専門店を個別に経営指導・経営支援を展開しています。これらの活動を通じて専門店の販売力アップという効果を導きます。

■ディベロッパー支援コンサルティング

SC全体の魅力、テナントの販売力は、ディベロッパーご担当の力量が問われる時代になっています。私たちは、ディベロッパーご担当のスキルアップ支援(教育・研修)をはじめ、テナント指導・経営分析プログラムの提供、地域密着化施策支援、物産展プロデュースなど空き床対策まで外部の専門コンサルタントとして側面支援しています。

■その他テーマ別支援コンサルティング

SC内の機運づくりならびに専門店のモチベーションアップ、そして、専門店のスキルアップのための仕組みの構築など、現在、発生している問題・課題をテーマにおいた問題解決型コンサルティング活動を展開しています。


ショッピングセンター
コンサルティング・商業施設コンサルティングTopics

◆専門店個別支援コンサルティング
奈良県のショッピングセンターでミステリーショッパーを実施しました。この施設の近隣に、来年の秋、大型競合施設が開業予定にあります。そこで、地域密着力を高めるという当該施設の今年度の基本方針の基、ミステリーショッパーを実施。各専門店の強み・弱みをつかみ、それぞれの個別指導を行いました。引き続き、地域密着力を高めるための支援活動を続けていきます。

◆専門店個別支援コンサルティング
奈良県のショッピングセンターで、専門店の個別経営指導を開始しました。私たちコンサルタントの視点で、店舗を見たところから売り場づくりや接客サービス面のアドバイスを行うとともに、店長さんやオーナーさんの悩み事などにダイレクトにアドバイスを進めています。今後、継続的に進めることで、その成果検証と、売上向上に役立つブラッシュアップ支援を進めます。

◆専門店活性化コンサルティング
私たちが教育支援活動を行うショッピングセンターの専門店従業員が接客ロールプレイングコンテスト全国大会で部門別優勝を受賞しました! 当該SC内の接客ロープレコンテストを実施し、最優秀者と優秀者の2名を選抜し、その2名が全国大会に出場。見事!1名が部門別優勝を受賞しました。このような高い教育品質を提供しています。

◆専門店活性化コンサルティング
奈良県のショッピングセンターで、新人販売員の教育用ツールとして、パワーポイントの映像動画とそのナレーション解説を行うツールを導入、今月の店長会でお披露目。このツールを活用して販売員のサービス品質化と教育業務の業務効率の向上を図りました。そして、店長会で、事例研究型研修も導入。店長のお客様満足度を高めるための問題発見・問題解決スキルの向上を支援していきます。

◆専門店活性化コンサルティング
大阪の大型レジャー施設に隣接するショッピングセンターで接客ロールプレイング大会を実施しました。全体の約2/3のテナントに参加いただき大盛況となりました。参加者の皆さんは、普段の接客サービスを力一杯発揮いただき、それぞれの専門店や販売員の個性を表現いただきました。

◆専門店個別支援コンサルティングTopics
京都の再開発型ショッピングセンターでミステリーショッパーを実施。その結果を基にした個別面談を通じて個別の経営指導を実施しました。今回は、当該施設の全店舗に参加いただき、すべての経営者・店長の皆さんには前向きに取り組んでいただき、今後の、さらなるブラッシュアップが期待できます。

マーケティング支援コンサルティングTopics
販促活動成果検証のためのマーケティングリサーチを実施しました。今回は、夏のバーゲンを対象に実施。各媒体・イベントともに高い認知効果とレスポンス率を確認しました。そして、その結果から、さらにプロモーション効果を高めるための施策提案を行いました。

◆マーケティング支援コンサルティングTopics
消費者モニター会議を実施
大阪南部のショッピングセンターで学生さんを対象としたモニター会議を実施。主には1ヶ月のお小遣いなどのプロフィール、普段の買物行動、当該施設の利用状況と評価・要望などの詳細を聞き取り、その結果から、当該施設としての学生さんのターゲット戦略の位置づけを明確にしたうえで、今後の中長期的施策と短期的施策の提案を行いました。

◆専門店個別支援コンサルティングTopics
専門店臨店指導を実施
店舗覆面調査結果のフィードバックと問題・課題点の指摘、そして、そのブラッシュアップ対策の具体的な指導を臨店で行いました。店長さんには、熱心にお聞きいただき、さらに、色々な悩み事の相談にものることで、今後のブラッシュアップを支援しました。そして、早速、指導内容について取り組んでいただける店舗も多くみられ成果確認もできました。

◆専門店活性化コンサルティングTopics
接客ロープレ研修を実施
店長をはじめ、店舗スタッフを対象に接客ロープレ研修を実施しました。接客ミニロープレで実演とお客さま、そして審査員を体験することで新たな発見、気づきを促進しました。また、最後には、優秀者の全体発表を行い高いレベルの接客イメージを共有しました。

◆ディベロッパー支援コンサルティング
マーケット分析からの売上シミュレーション
既存施設が立地するマーケット環境から、当該施設の規模、業種ミックスに対して、適正な売上はどの程度なのかを評価するためのマーケティング活動を実施しました。今回のシミュレーションをベースに、今後、新規開発を行う際には、基本指標として活用することができます。また、マーケット分析から算出した適正売上高と現状の売上高のギャップを解消するための営業支援も今後行います。

◆専門店個別支援コンサルティングTopics
専門店店舗覆面調査を実施
専門店を対象に店舗覆面調査を実施し、店長会でその全体傾向の報告を行い、各専門店個別に簡易フィードバックを行いました。そして、これから、各専門店を個別に巡回して個別の詳細報告を行うとともに個別指導を進め、各専門店の販売力アップのブラッシュアップ支援を進めます。

◆専門店活性化&個別支援コンサルティングTopics

計画的教育活動と店舗覆面調査・臨店指導でお客さま対応力を強化する
ショッピングセンターの従業員を対象とした年間の研修計画に基づき、知識習得とトレーニングによる訓練を通じて接客サービススキルアップを図ります。また、接客ロープレコンテスト出場・優勝を目指して個別指導なども行います。また、このような教育活動に+αで店舗覆面調査を実施し、その結果を臨店指導(個別指導と個別相談)に応じることで、SC全体のスキルアップを進めます。

◆マーケティング支援コンサルティングTopics

マーケティングリサーチ(市場調査)から今後の集客・営業・地域密着力強化を提案
商圏内顧客の普段の買物行動や当該施設の利用実態・評価等から、今後の中長期的&短期的、集客強化・営業力強化・地域密着化戦略を構築提案しました。今後、その具体的な展開施策についても支援を進めます。

ディベロッパー支援コンサルティングTopics
消費者モニター制度の運営支援
大阪南部のショッピングセンターで、地域密着力強化のための消費者モニター制度を導入・運営支援を行っています。定期的な消費者モニター会議を行い、当該施設の利用実態や評価、要望などを確認し、地域密着化のための施策を提案・運営支援を行っています。

◆SC開発・リニューアルコンサルティングTpics
インターナルブランディングの提案
京都のショッピングセンターで自施設の強みを活かしたインターナルブランディングを構築するため、一般消費者から見た当該施設の評価やイメージのリサーチ、そして、各専門店のアンケートを実施。その結果も踏まえ、各専門店店長のグループディスカッションとディベロッパー社員のグループディスカッションの結果から、当該施設のインターナルブランディングを構築と定着化によってお客さまへのCS向上と競合施設との差別化施策を展開しています。

◆ディベロッパー支援コンサルティング
定例物産展で集客イベントをプロデュース
京都のショッピングセンターで、季節ごとの物産展をプロデュースしています。春は、大分野菜、嬉野茶、福岡産トマトなど農産物を中心とした物産展を10日間展開。普段、あまり来館されないお客さまの獲得とそのリピート化も図ることができました。物産展は、施設の目新しさと鮮度感でショッピングセンターのイメージ向上にもつながります。

◆マーケティング支援コンサルティングTopics

神戸市内で複数のショッピングセンターを運営管理するディベロッパー企業の5つのSCのマーケティングリサーチ(市場調査)
来館者のアンケート調査とカウント調査結果から、5つのSCそれぞれの中長期施策および短期的施策を提案しました。複数のSCを運営管理するディベロッパー企業では、施設ごとの特性とそれを比較した中から各施設の強みと弱みをしっかりとつかみ、戦略構築を行う重要性が高くなっています。

◆専門店個別支援コンサティングTopics
ミステリーショッパーによる専門店の個別指導
大阪南部のショッピングセンターでミステリーショッパーを実施しました。そして、全店対象に個別面談を行い、問題・課題点の指摘と改善・ブラッシュアップのための指導・アドバイスを行いました。特に最近は、お客さま目線でのサービス対応・売場づくりが求められています。

◆SC開発・リニューアルコンサルティング

ゾーンネーミングリニューアルのためのマーケティング提案
大阪府下のショッピングセンターで食料品ゾーンのリニューアルとゾーンネーミングのリューアルため、当該施設のイメージと周辺競合施設の食料品ゾーンの特性リサーチを行いました。当該施設の特性と競合施設の特性を抽出し、差別化ポイントを選定のうえゾーンネーミングの提案を行いました。競合環境が厳しい中、競合施設との明確な差別化を図り、その魅力をお客さまにしっかりと伝えていくことが重要です。

◆専門店活性化支援コンサルティングTopics
お客さまへのギフト提案力向上のためのラッピング研修
歳末商圏に向けて、お客さまへのギフト提案力を高めるためのラッピング研修を実施しました。歳末は、専門店にとっては、ギフト需要が膨らむ時期です。しっかりとキフト対応力という付加価値をお客さまに伝えられるよう指導をしました。

◆専門店活性化支援コンサルティングTopics
お客さまとの信頼関係を構築するコミュニケーション研修
奈良県のシッョピングセンターでお客さまとのコミュニケーションを深め、信頼関係を構築していくためのコミュニケーション研修を実施しました。特に、今後、お客さま満足度を高めていくためには、お客さまとのコミュニケーションを深め、いかにお客さまの信頼を勝ち得られるかが重要になっています。

◆専門店活性化支援コンサルティングTopics
年間教育プランに基づくCSスキルアップ向上活動
奈良県のショッピングセンターでSC全体のCS対応力を向上させるために計画的な従業員研修活動を展開しています。主には、接客基本研修、他施設事例研究、ロールプレイング研修などを計画的に進めています。さらに、SC内CS認定資格を構築し、年度終了時には、認定試験を実施して、合格者はテナント総会で表彰され専門店のモチベーションアップにもつなげています。

◆ディベロッパー支援コンサルティングTopics
テナント経営シミュレーションの構築
テナントの経営状況を把握するため、業種別の経営指標を用いて経営状況(収支・資金繰り)について、現状の売上高の場合に健全であるか、厳しいのかが判断できるシミュレーションプログラムを構築しました。これを活用してディベロッパーとして、テナントの経営状況をつかみ、経営面のアドバイスにも深く踏み込んでいきます。

◆マーケティング支援コンサルティングTopics
中長期戦略構築のためのマーケティングリサーチ(市場調査)
大阪南部に立地するショッピングセンターで、周辺の施設目的の来街者と当該施設目的の来館者実態をつかみ、今後の商圏エリア戦略、ターゲット戦略、MD戦略、営業戦略の構築を進めました。今後、特に商圏エリアを維持し、ターゲットを明確にした上での戦略展開が事業成功の精度を高めます。

マーケティング支援コンサルティングTopics
経年マーケティングリサーチ(市場調査)
滋賀県のショッピングセンターでは、開業後、毎年、最新の来館者実態を定量的につかみ、今後の戦略構築を行っています。その効果から、毎年、売上・客数は増加。地域顧客満足度の高い事業運営が行われています。

◆マーケティング支援コンサルティングTopics
プロモーション活動のブラッシュアップを図るための成果検証マーケティングリサーチ
ショッピングセンターでは、年間販促活動が展開されています。その販促活動の効果を高めるために、販促活動実施時にその認知実態および反応実態などをつかみ、その結果から、より効果的プロモーション活動の提案活動を展開しています。

◆その他テーマ別支援コンサルティングTopics
組合型商業施設の共同事業運営支援業務を受託
組合型商業施設では、共同事業を行うにあたり専門的知識がやや弱く、店舗の業務もあることからしっかりとした共同事業運営が難しい状況にあります。そこで、私たちが商業コンサルティングの専門知識を活かし共同事業運営を直接行うことで組合型商業施設運営を支援しています。

◆2009年以前のTpoics記事はこちらからご覧ください。


ショッピングセンター・商業施設の業界動向

SC等の売上高の推移 新規SCの開業件数の推移
地域別売上伸長率 【SC・百貨店・チェーンストア売上高推移の状況】
ショッピングセンター全体(SC総合)の売上高は、2009年に大きな減少後、2010年以降、全体的に持ち直しの傾向が続いています。2009年までは、百貨店が厳しい傾向がみられましたが、2010年以降は、業態別の格差が縮小し、各業態ともやや持ち直しの傾向となっています。

【新規SCの開業件数の推移】
新規SCの開業件数の推移は、2008年以降、減少傾向にあり、その中でも、郊外地域で減少が大きくなっており、特に郊外地域において飽和の傾向が強くなっているといえます。その中で、中心部及び周辺部では微増となっており、中心部近辺での開業がやや増加する傾向になっています。

地域別売上高伸張率の状況
各地方の売上伸張率は、北海道、東北、中部、中国、九州・沖縄などの地方都市が健闘しており、近畿、北陸、四国などの西日本がやや厳しい状況がみられます。
グラフデータは、()日本ショッピングセンター協会データ引用
弊社のショッピングセンター・商業コンサルティング活動の成功事例のご紹介はこちら>>
このようなデータから郊外での競争激化!! そして、各地域ごとの売上高の低迷等、各ショッピングセンター商業施設の問題、そして課題がみられます。株式会社NMR流通総研は、その状況にあわせた最適なコンサルティング活性化提案から実践的コンサルティング支援、リニューアル支援までトータル面でサポートさせていただいております。また、ショッピングセンター商業施設に関する必要なデータ等がございましたらお気軽にお問い合わせください。
  
株式会社NMR流通総研は、ショッピングセンターコンサルティング・商業施設活性化・プロパティマネジメント・テナントリーシング支援を行う商業コンサルティング会社です 株式会社NMR流通総研
〒532-0011大阪市淀川区西中島6丁目4-15NMRビル
Tel:06-6305-6110  Fax:06-6304-8756
ショッピングセンター・商業施設の総合コンサルティング企業
Copyright(c)2009NMRryutsusokenCo.Ltd.All rights.reserved